どうも、あゆすぎです。

人生いろいろ。とりあえず、一般的な人生は歩んできたと思うのでここらでドロップアウトして自由に生きてみようと思います。真面目な話は半分以下ぐらいにしておきます。

桃田賢斗選手の裏カジノ問題をみて裏カジノってどういうものか調べてみた。

メダルを狙えた選手が

リオデジャネイロ五輪出場予定のバドミントン男子シングルスの選手、桃田賢斗(21)さんと田児賢一(26)さんが裏カジノの摘発で違法賭博が公になり大問題となっていますね。

 

桃田賢斗選手は特に世界ランキング2位と次の五輪での活躍を期待されていたところからのこの報道なので残念でしたかありません。

 

スポーツ選手も聖人ではないのだからという話も聞きましたが、だからと言って無しにできるものでもないでしょう。(五輪出場の際に誓約書を書いておりこれに反するので今回の出場は取り消される可能性が高い)

 

 

 

日本代表選手については、1月から12月末までと1年間の活動期間が決まっていて、毎年代表に選ばれるたびに誓約書を提出します。この中では、「日本代表としての自覚を持ち、言動、行動に十分注意し、競技力向上にまい進する。代表選手としての活動が十分果たせなくなったり、不謹慎な言動、行動など代表選手としてふさわしくない状況が見られた場合、代表選手の指定を外されても、一切異議を唱えない」ことを宣誓し、選手本人と所属先の責任者が自筆で署名、なつ印することになっています。

バドミントン桃田選手 リオ五輪出場できない見通し | NHKニュース より引用

 

メダルを取られたくないどこかの国が仕組んだんだ。という、陰謀論も流れていますが、それを含めて違法なものからの誘惑に打ち勝つ姿勢も有名人として必要な素質だと思います。

ただ、やり直せない問題ではないと思うので東京五輪に向けて1から頑張ってほしいと思うところです。

 

裏カジノって何?

しかし、裏カジノって小説や漫画の中でしかなじみが無かったのですが、本当に存在するんですね。

 

ちょっと調べてみたのですが、発祥は1990年ごろおそらく関西で始まって、

ピーク時には200件以上となっていたみたいです。

換金禁止の合法カジノが書籍などで大々的に宣伝されていた裏で勢力を伸ばしていたんでしょうか。

去年からの摘発をまとめた記事では13件。桃田賢斗選手らが通った裏カジノは含まれていないようだったので表に出ていない件はもう少し多いかもしれません。

 

 

 

【五輪バド金候補闇カジノ賭博】カジノ店は錦糸町の会員制 警視庁が摘発 1億円の売り上げは指定暴力団「住吉会」資金源か - 産経ニュース

裏カジノバー店(大阪・歌舞伎町・渋谷・銀座・六本木)は安全? | カジノバー・ポーカールーム情報!BarHENRY を参考

 

問題となったバカラでは3か月で4億5000万もの荒稼ぎをした店もあるとか。

うーん、まさしくカイジの世界。ギャンブル怖いです。

 

広告を非表示にする